子供に体操を習わせたら身長が伸びない!?それって本当なの?

体操を習わせたら身長が伸びない理由

・成長期の激しすぎる運動は要注意

「体操を習わせたら身長が伸びない」、「体操選手には小柄な人が多い」・・・
そんな風に感じている方が多いということをご存知ですか?そういわれてみると、確かに体操の一流選手には背が低い人が多いようにも思えるような・・・
実はこれ、体操に限ったことではないのです。激しい運動は少なからず骨や軟骨、筋肉に負担をかけ、影響を及ぼします。ですから、成長期にあまり筋肉を付けすぎると骨の成長が阻害されてしまい、結果身長が伸びにくくなるということなのです。
また、一流になるためには厳しい食事制限も必要になりますから、こうした背景も含めて「スポーツ選手は身長が伸びにくい」と言われるのでしょう。

ですが、だからといって子供の頃に体操をしてはいけないとか、スポーツをしすぎると背が伸びないとか、そういう訳ではありません。むしろ成長期に必要なのは「バランスのとれた食事」と「良質な睡眠」に加え、「適度な運動」だと言われています。運動することは成長期の子供の体の基礎を作り上げますし、健全な精神をも養ってくれます。ですから、一概に「運動をしてはだめ!」という訳ではないのです。
また、こうした時期にスポーツを通して仲間を作ったり、連携をとる、協調性を覚えるということは非常に重要ですから、適度な運動はむしろ必要不可欠だと言えるでしょう。あまり本格的ではなく、みんなで一緒に体を動かしたり、楽しくゲームをするという程度なら問題ないと考えてよいのではないでしょうか。

だからといって、将来を考えて小さい頃から専門的に体操を習わせることが悪いというわけではありません。その場合でもきちんとしたアフターケアが必要ですし、やはり「食事」、「睡眠」、「運動」の三本柱はしっかり頭に入れておかなければなりませんね。運動をして体を作るため、また、足りない栄養を補うため、サプリメントや成長応援飲料を活用するということもおススメです。お子様ひとりひとりに合わせてベストな運動と環境を整えてあげることが何よりも大切なことなのではないでしょうか。

・まとめ

体操選手は背が小さい、体操を習わせると背が伸びなくなる・・・そんな風に考えている人が多いようです。ですがこれは体操に限らず、激しすぎる運動はすべて共通して骨や筋肉に影響を及ぼし、骨の成長を阻害してしまう要因となるのです。ですが、だからといって子供に体操をさせてはいけない、運動をさせてはいけないという訳ではありません。むしろ成長期の子供にとって「適度な運動」は非常に重要なポイントのひとつでもありますから、あまり心配しすぎず運動を生活の中に取り入れるようにしてください。「食事」、「睡眠」、「運動」の三本柱はとても大切。ひとりひとりに合わせてしっかり取り入れていくようにしましょう。適度な運動やスポーツは、健全な精神や協調性を養うためにも非常に重要なことですから、あまりこだわりすぎないおおらかな心が必要なのかもしれませんね。