アスミールは何歳から飲むことが出来る?

アスミールは何歳から飲むことが出来るのだろうか?

アスミールという成長期応援飲料が親の皆さんの間で注目されていますが、何歳から飲むことができる成長飲料なのでしょうか?
少し調べたところ、幼児以上のお子さんにお勧めとのことでした。

幼児以上ということは、1歳以上の離乳を完了した頃のお子さんのことを指しています。

実際のところ、アスミールは小さなお子さんに安心して与えることができる飲料なのでしょうか?
小さなお子さんに毎日飲ませるとなると、慎重に選びたいですよね。
小さなお子様でも安心して毎日飲み続けることができる飲料でもあります。なぜでしょうか?

その理由は、1つには合成保存料が含まれていません。
合成保存料とは、市販の弁当や加工食品を製造する時に腐敗やカビを防ぐために使うものです。中には発がん性があるものもあります。やはり、お子さんの健康を第一に考えている親の方々は注意深く避けている方も多いですよね。さらに、合成保存料はアトピーの原因になってしまうことも考えられます。
アスミールはと言いますと、合成保存料が入っていないので小さなお子様でも安心して飲んでいただくことができる飲料だといえますね。

さらに、合成着色料も含まれていません。小さなお子さんはカラフルな色のお菓子を好むかもしれませんが、長い目で見て健康で丈夫な体を作りながらの成長を望まれているなら合成着色料もできるだけ取り入れたいとは思いませんね。
もちろん、アスミールには入っていませんので安心して飲ませることができます。

また、合成甘味料も含まれていないのですが、合成甘味料は神経障害を起こすこともあるようです。いらいらしてかんしゃくを起こしてしまうことも合成甘味料を取り入れていることと関係があるのかも知れません。アスミールの場合、甘みが少ないので、甘いもの大好きな小さなお子様が初めて飲んだときには、抵抗を感じてしまうかもしれませんが慣れるものです。甘いものを取り入れることに慣れるよりも自然な味になれるようにすることは健康で丈夫な体を作るためには欠かせません。

さらに、安心して飲むことができる理由として、放射線検査済みということです。放射能の影響を受けているかいないかを考えなくてはいけないのは本当に残念なことですが、大切なお子様を守るためには目をそむけることができないことですよね。

以上のことを考えただけでも小さなお子様にも安心して飲んでいただける飲料だということがわかります。

アスミールを何歳から飲ませることが必要かという件ですが、アスミールは成長期応援飲料ですので、男の子ですと12歳から、女の子ですと10歳からが成長期と言われていう時期に飲むと身長が伸びたり筋肉をつける上で効果的に活用していただける飲料です。

ただ、小さなお子様は野菜が苦手な子が多いので必要な栄養を摂ることができているのだろうかと心配なときはしっかりとサポートしてくれる飲料です。1日1杯飲むことで一日の栄養8割を摂ることができます。お子様の健康な毎日のために一度試されてみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする