体操していると低身長になる?それって「うそ」か「ほんとう」か・・・

体操と低身長の関係

・体操と低身長には関係がある

テレビの中の体操選手って小柄な人が多いと思ったことはありませんか?そう言われてみると確かに・・・なんて感じた方も少なくはないのではないでしょうか。実は昔から、「体操をさせると身長が伸びなくなる」と考えている方が少なくなく、自分の子供の背を高くしたいから、絶対体操は習わせない!と決めている親御さんもいるほどです。
では実際どうなのかといいますと、確かにあり得ないことではありません。体操と低身長に関連性がないとは言い切れないというのが本当のところ。ですが、これはなにも体操に限ったことではありません。体操だけではなく、激しいスポーツは少なからず骨や軟骨の成長に影響を及ぼしますし、また、体を作るうえで最も大切な時期だとされている「成長期」に激しい運動をして筋肉を付けすぎると、骨の成長が阻害されてしまい、その結果身長が伸びにくくなるのです。

とは言いましても、慎重が伸びない理由はスポーツや体操だけにあるわけではありません。
もちろん遺伝的な要素も十分考えられますし、最も重要なポイントとしては、「成長期をどうすごしたか」というところですね。成長期にしっかり体を作るために必要なことは、「良質な睡眠」と「栄養バランスの取れた食事」、「適度な運動」です。
しっかり体を動かすことで食欲増進に繋がりますし、スムーズな睡眠への移行も期待出来ます。食事内容にも十分気をつけ、足りない部分はサプリメントや成長応援飲料で補うのも良いでしょう。

また、「ストレスを感じさせない」ということも実は重要なポイントなのですよ。ストレスは身長の伸びを阻害してしまいます。成長期の子供がストレスを感じることで成長ホルモンの分泌や食欲が低下しますし、さらには情緒不安定、睡眠障害などを引き起こす可能性もあるのです。
こうしたことをきちんと理解することが大切ですし、あまり「運動のしすぎは低身長の原因になる!」と怖がりすぎるのもいけません。適度な運動は非常に重要ですし、こうした様々な要因を知ることで不必要な不安を感じずに済むでしょう。

・まとめ

体操選手には小柄な人が多いように感じている方が少なくありませんが、事実、体操に限らず激しいスポーツは低身長の原因になり得ます。ですが、それだけが原因ではなく、例えば遺伝的な要因もありますし、成長期をどのように過ごしたかが非常に重要だとも考えられています。
また、それだけではなく、実はストレスも身長の伸びを阻害する要因のひとつなのです。こうした様々な要因をきちんと理解することが大切ですし、身長が伸びないことを心配するがあまり運動を控えすぎるのも逆に問題があります。適度な運動は非常に重要なことですし、低身長になる可能性を心配しすぎて色々なことを制限してしまうのは好ましくありませんね。日々の生活をっしっかり送ること、睡眠、食事、運動をバランスよく生活に取り入れていくことが最も大切なことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする