子供を体操教室に通わせると身長が伸びないという噂について

子供を体操教室に通わせても身長とは関係はない

・激しい運動は子供の発育に影響を及ぼす

体操選手って、なんだか小柄な人が多いような・・・そんな風に感じたことはありませんか?「体操をさせると背が伸びなくなる」。そのように思われている方も少なくはないようです。では、実際のところはどうなのでしょうか。答えは「イエス」でもあり「ノー」でもあります。なぜなら、体操に限らず激しい運動は少なからず骨や軟骨に影響への影響があるからです。また、スポーツ選手の多くは一流になるために厳しい食事制限をすることが多々ありますから、そうしたことも身長と関係があると考えられますね。

だからといって、子供の頃にまったく運動させてはいけないのかというと、決してそういうわけではありません。特に成長期の子供にとって、「良質な睡眠」、「バランスの取れた食事」、そして「適度な運動」は成長促進の重要なポイントだと言われていますから、きちんと運動も取り入れなければならないのです。
確かに、成長期にあまりにも筋肉をつけすぎると骨の成長が阻害されて身長が伸びにくくなるといわれていますが、例えば「子供のための体操教室」のように、あまり本格的と言う訳ではなく、みんなで一緒に楽しく体を動かすという程度ならそれほど身長に影響を及ぼしたりはしませんので、まったく心配する必要はありません。

子供の頃の適度な運動は、情緒を安定させたり食欲を増進させたり、スムーズな睡眠への移行を促すなどの効果がありますから、是非取り入れるようにしたいですね。一般的な小、中学生の運動量ならさほど心配する必要はないでしょう。
適度な運動は様々な面で子供たちによい影響を与えてくれます。例えば協調性が生まれたり、向上心が養われるといった面でも、スポーツには重要な意味があります。将来どのような子になって欲しいのか、例えば本格的な体操選手やスポーツ選手を目指すというのなら、早いうちからそうした世界に触れるということも良いでしょう。そうでない場合はさほど運動量を気にすることなく、普段どおりの生活の中で適度な運動を取り入れるくらいで十分ですよ。

・まとめ

テレビを見ていて、「体操選手ってなんだか小柄な人が多いような・・・」と感じたことがありませんか?実は、体操選手は背があまり伸びなくなると思っている方が多いのです。実際はどうなのかというと、確かに体操に限らず、激しいスポーツは身長を伸びにくくしてしまいます。なぜかというと、激しい運動は骨や軟骨に影響を及ぼしますし、成長期に筋肉を付けすぎてしまうと骨の成長が阻害されてしまうこともあるのです。ですから、一番身長が伸びるとされている成長期には、激しすぎる運動はしないほうがいいともいえます。とは言いましても、例えば子供たちが楽しく参加するような体操教室くらいの運動が身長に大きく影響を及ぼすということはありませんから安心してください。
体操や運動は、子供にとって様々なメリットがあります。あまり気にせず、適度に体を動かすようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする