成長期に必要な栄養素を知り、上手に食事に取り入れていきましょう

成長期に必要な栄養素とは

・成長期の子供には十分な栄養を

成長期とは、一般的に小学生から高校生にかけての時期のことを言います。この時期は体がぐんぐん成長していきますので、子供でありながら成人並みの栄養素を必要としています。成長期の子供がご飯を何杯もお替りする姿を目にすることがありますが、まさに「体の基礎を作る時期」だと言えるでしょう。
この時期の子供たちはたくさんの栄養素を必要とする分「エネルギー不足」にも陥りやすいとされており、また、子供たちは「解毒」する力が未発達なので、毒素やアレルギーに敏感に反応する場合がありますので注意しなければなりません。

さて、では、成長期に必要な栄養素をここで簡単にまとめてみました。
まずは「たんぱく質(肉、魚、卵、大豆)」。三大栄養素のひとつとされ、臓器や筋肉、皮膚や髪などの組織を作ります。次に「鉄(レバー、赤身の肉、魚介類、大豆)」。これは赤血球を作り出し、酸素を体中に運搬するのに必要です。「亜鉛(牡蠣、ホタテ、玄米)」は味覚を正常に保ち、皮膚や粘膜の健康維持を助けます。そして「カルシウム(乳製品、大豆製品)」、「マグネシウム(野菜類、大豆製品、穀類)」は健康な骨や歯の生成、発育に必要不可欠です。また、「ビタミンB郡(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)」はそれぞれ助け合いながら脳や神経、皮膚などの健康を保ちます。

これらの栄養素をバランスよくきちんと取り入れることが必要不可欠であり、成長期の子供の体を作るために非常に重要だと言えるでしょう。
とは言いましても、毎日の食事でこれだけの栄養素を十分に補えるかというとなかなか難しいというのが現実・・・ですから、そんなときには「サプリメント」や「成長応援飲料」などを取り入れて上手にサポートするのも良いのではないでしょうか。成長期に欠かせない「良質な睡眠」、「バランスのとれた食事」、「適度な運動」をきちんと整えてあげることが何よりも重要だと言えるでしょう。

・まとめ

小学生から高校生にかけての時期のことを、一般的に「成長期」といいます。この頃の子供は成人並みの栄養を必要とし、それと同時にエネルギー不足に陥りやすいともされています。また、子供たちは解毒する力も未発達ですから、アレルギーや毒素に反応しやすい傾向にもありますので注意が必要ですね。
成長期に必要な栄養素といえば、「たんぱく質」、「鉄」、「亜鉛」、「カルシウム」、「マグネシウム」、「ビタミンB郡」です。これらをバランスよく取り入れなければなりません。食事だけでこれらすべてを補うことが難しい場合は、「サプリメント」や「成長応援飲料」などを取り入れるのも良いでしょう。
成長期の子供に必要だとされている「睡眠」、「食事」、「運動」をきちんと取り入れることが出来るような環境を整えてあげること、そして、常にお子様からのサインを見逃さないようにすることが大切なのです。