背が伸びるストレッチ方法はこんなにたくさんあるんです!

背が伸びるストレッチの方法

・体が硬いと身長も伸びにくい

背がもう少し高かったら色々な洋服を着こなせるのに・・・
これ以上身長を伸ばすのはきっともう無理なのかもしれない・・・
そんな風に考えたことはありませんか?背の高い人が颯爽と町を歩く姿はつい目を引くものですし、憧れてしまいますよね。
でも、もうこんな歳だから今から身長を伸ばすなんて出来るわけない。そう諦めてしまっている方も少なくないのではないでしょうか。確かに、成長期を過ぎてしまうと身長を伸ばすことが難しくなってきます。ですが、「姿勢を良くする」ことでじつはまだ身長を伸ばすことが出来るのです。正確には、「体を柔らかくして姿勢を良くすることで、本来の身長に近付く」とでも言いましょうか。「体の柔軟性」と「身長」には密接な関わりがあり、特に今が成長期真っ只中で、これからぐんぐん背が伸びるであろうお子様には是非取り入れて欲しい「ストレッチ」をいくつかご紹介したいと思います。
体が硬いほど身長は伸びにくくなりますから、特に効果的だとされる「寝る前」の時間帯をストレッチに充ててみましょう。

まず、猫背を伸ばして縮んだ背中を緩めてあげるストレッチです。四つんばいの姿勢になり、お腹をへこまして背中を丸め、猫が伸びをするイメージで背骨を曲げて背中全体をストレッチします。
次に、腿の裏の筋肉を伸ばしてあげるストレッチです。床に座って胸を張り、背筋を伸ばします。次におへそを膝付近まで近付けるように前傾してつま先をつかむようにし、腿の裏の筋肉が伸びていることを意識しながら30秒ほどキープします。
その他にも、鉄棒などにぶら下がるぶら下がりストレッチや、バランスボールを使ったストレッチなど様々な方法で体の柔軟性を高めることが出来ます。
お風呂に入って体を温めて柔らかくしてから行うのがより効果的ですので、是非ためしてみてはいかがでしょうか。

・まとめ

成長期をすぎると、身長を伸ばすことは難しくなってくるものです。ですが、柔軟性を高めることで猫背を直し、本来の身長に近づけることは可能です。体が硬いほど身長は伸びにくいものですから、出来るだけストレッチをして体を柔らかくしてあげることが大切なのです。一番効果的だとされているのは、夜寝る前の時間に行うことだと言われています。お風呂にゆっくり入って体を温め、柔らかくしてあげてから時間をかけてストレッチするようにしてください。
また、こうした身長を伸ばすためのストレッチは成長期でこれから身長が伸びるであろうお子様にも非常に有効ですから、育ち盛りの子供たちにも是非取り入れてほしいところ。ストレッチ方法は様々あり、猫背を直して縮んだ背中を伸ばしてあげるストレッチ、腿の裏側の硬くなってしまった筋肉を伸ばすストレッチ、ぶら下がりストレッチやバランスボールを使ったストレッチなどもあります。時間を作ってこれらのストレッチを試してみてはいかがでしょうか。柔らかい体作りが大切ですよ。