アスミールは高校生には効果がないの?身長が伸びる理由とは・・・

アスミールの効果は高校生にも現れるのか

・アスミールの効果は高校生よりも小、中学生に期待されます

成長期のお子様に飲ませたい成長飲料として人気の高いのが、一番星(イッティ)の「アスミール」です。ほかの子と比べるとなんだかうちの子背が低いみたい、スポーツをしているから体には特に気を配ってあげたい・・・そんなお母さんからの評価が高いことで有名なこのアスミール。特に成長期で身長がぐーんと伸びる小学生~中学生にとって高い効果が期待できますが、高校生がアスミールを飲んだらどうなの?効果あるの?そんな疑問を抱かれている方も少なくないのではないでしょうか?

一般的に、身長が伸びる平均として、男子は小学6年生~中学3年生前後、女子は小学4年生~中学2年生前後だとされています。ですから、成長期が終わり、身長が止まりそうな高校生よりも、小学生や中学生にとって効果が現れやすいと言えるでしょう。

ですが、やはり個人差がありますので、一概に「高校生には効果がない」と言い切ることは出来ません。実際、高校生になってから急に身長が伸び始めたり、社会人になっても身長が伸び続けているという方はたくさんいらっしゃいます。

身長を伸ばせるかどうかは、「骨端線」が残っているか閉じているかで決まるとされています。きちんと検査をすればこの骨端線を調べることができますが、なかなか簡単ではありませんので、やはりアスミールを飲むなら早いに越したことはないかもしれないでしょう。

詳しくは「アスミールを実際試してみて、その効き目って実際のところどうなの?」という記事でも書かせて頂きましたので、よろしければご参考になさってくださいませ。

また、このアスミールは厚生労働省が定めた食事摂取基準のほとんどを満たし、栄養バランスが抜群ですから、身長を伸ばす目的以外でも取り入れることが出来ると思います。

・まとめ

小学生~中学生の頃は成長期真っ只中として、身長がぐぐーんと伸びる時期です。この頃にアスミールを飲ませることで高い効果が期待出来ると考えられていますが、では、高校生には効果が現れないのでしょうか。一般的に、男子の場合は小学6年生~中学3年生、女子の場合は小学4年生~中学2年生のあたりが最も身長が伸びる時期だとされています。ですから、この頃にアスミールを飲ませることが一番高い効果を得ることが出来ると考えられるでしょう。

ですが、身長が伸びる時期には個人差がありますから、高校生には効果がない!と断言することは出来ません。身長が伸びるかどうかは、「骨端線」が残っているか閉じているかで決まるとされています。検査をすればこの骨端線の状態を調べることも出来ますが、そこまでしなくとも、一般的に身長が伸びると言われている小学生の頃から飲み続けることで効果を実感出来るモノといえるでしょう。

また、アスミールは厚生労働省が定める食事摂取基準をほぼ満たしていますので、身長を伸ばす目的以外でも、お子様の健やかな成長を助ける目的で幅広く活用していくことが出来るでしょう。やはり早い段階からアスミールを飲ませ続けたほうが、より目に見えて効果を実感することが出来るでしょう!

⇒ 成長応援飲料「アスミール」詳細はこちら



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする