遺伝によって子供の身長が決まる・・・それって実は間違いなのです!

遺伝と子供の成長の関連性について

・子供の身長は後天的な要因が重要

両親が大きいと子供も身長が高い子が多い、うちの子が小さいのは遺伝のせいだ・・・そんなことをよく耳にしますね。昔から、「子供の身長は遺伝によるものだ」という考えが広まっていますが、実際はそんなことはないのです。こう聞くと驚かれるかも知れませんが、実は遺伝子が身長に及ぼす影響は25パーセントほどしかなく、身長が伸びるかどうかは遺伝よりも「後天的な要因が重要である」と考えられているのです。
遺伝と子供の身長の関係性がゼロであるという訳ではなく、確かに関連する要因は少なからずあるのですが、それよりも「成長期をどう過ごすか」が子供の身長の伸びには大きく影響するのです。

成長期の子供の体を作り、身長を伸ばすために必要なのが、「食事」、「睡眠」、「運動」だと言われています。小さいうちは8時には布団に入って眠る準備をするのがベストですね。良質な睡眠は体を作るために必要不可欠です。
また、適度な運動も子供の成長促進には重要ですから、室内でゲームやテレビばかりするのではなく、出来るだけ外に出て体を動かしましょう。激しすぎる運動は逆に筋肉や骨の成長を阻害する場合がありますから、健康維持の為のスポーツを取り入れる程度で十分です。また、バランスの取れた正しい食事も大切。肉も野菜も乳製品も、子供の体の基礎を作る重要な栄養素を含んでいます。お母さんの愛情たっぷりの食事でしっかり丈夫な体作りに努めましょう。

また、「ストレス」は身長の伸びを阻害する大きな原因となるということも頭に入れておきましょう。「子供だからストレスなんて感じないでしょ」という考えは大きな間違いですよ。ストレスを感じることで成長ホルモンの分泌や食欲が低下し、さらにそれが原因で情緒不安定や睡眠障害を引き起こすこともあり得ますから、十分に気をつけましょう。

こうした点をきちんと理解し、子供の成長に必要な環境を整えてあげることが大切なのです。

・まとめ

昔から、身長は遺伝によって決まるという考えが大きく広まっていますが、実は遺伝子が身長に与える影響よりも、成長期をどう過ごすかという「後天的な要因」のほうが重要なのです。成長期のお子様に必要なのは、「食事」、「睡眠」、「運動」だと言われています。良質な睡眠と適度な運動、バランスのとれた正しい食事を摂るということが、子供の体作りにはとても重要なのです。
また、「ストレス」は身長の伸びを阻害する大きな原因のひとつだとも言われています。ストレスを感じることで身長の伸びに影響を及ぼすだけではなく、睡眠不足や食欲不振、情緒不安定なども引き起こしかねません。「子供がストレスなんて感じるの?」と思われてしまう方も少なくないかもしれませんが、子供だってストレスを感じるのですよ。そういったこともきちんと理解してあげることが必要ですし、子供の成長に必要な正しい環境をしっかり整えてあげることがとても大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする